お電話 0286241182お問い合わせフォーム

STORIES

ヴィヴォの物語

Story 01
毎日に、ドキドキとワクワクを

2005年、宇都宮市の戸祭元町に小さな小さなベーカリーができました。

「この街で暮らす人々の毎日が、もっとワクワク楽しくなるようなパン屋を作ろう」
そう思って、小さなショーケースがぎっしり一杯になるように、毎日夜明け前から仕込み、沢山のパンを焼きました。

だけど、はじめはなかなか売れません。
こんなに美味しいのに。こんなに考えたのに。
こみ上げる悔しい気持ちをこらえながら、パンたちを眺めていました。

それでも、「もっとおいしいパンを。もっとワクワクするパンを」と、諦めずに新しいパンを作り続け、数え切れないほどの個性的なパンたちが生まれました。

気がつけば、まばらだったお客さんも日に日に増え、売場を覗くと毎日来てくださる顔もちらほらと。
いつの間にか、狭い店に入りきらないくらいのお客さんが来てくれるようになりました。

行列に並ぶお客さんの目がキラキラと輝いて、「今日は何にしよう?どれも美味しそうで選びきれない!」と楽しそうにパンを選ぶ姿を見た時、やり続けてよかったと、心から思えました。

 

「毎日に、ドキドキとワクワクを」

パネッテリアヴィヴォは開店当初から変わらず、バラエティ豊かな個性的でおいしいパンをご提供することで、
皆さんの毎日の食卓が楽しく、賑やかなひと時になるようにと願いながら、今日もみんなでパンを焼いています。

 

 

Copyright © 2005 Panetteria Vivo. All Rights Reserved.